読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女。地方移住してみた日記。

地方移住した30代女性営業マンの日記。

揺れる価値観。

夫婦間のこと

 

こんばんは。

 

見にきて下さりありがとうございます。

世間から1日遅れて仕事はじめでした。

 

 

連休明けの社会復帰はしんどいですね。。

でも、いく場所があるというのはやっぱり良いものです。

 

特に新年会も無く各自解散...という雰囲気だったので、ひとり新年会という名目でお気に入りの喫茶店にきました。

(カフェではなく『喫茶店』)

 

 

きのうのブログでも少し触れましたが、

これからは移住生活よりも、夫婦関係の記事が増えそうです。

 

 

書くことで、自分の考えを整理できたらいいな、と思います。

 

 

頭で分かっているつもりの正解と

自分の心がバラバラです。

 

 

夫との関係を修復する最大限の努力をして、

この状況を乗り越えて、

夫婦としての絆を強めていくのがきっと正解。

 

 

でも心はついていかない。

正解なんてないし、

最終的には自分には嘘をつけない。

自分の気持ちに正直な、自由に生きればいい!!

と思う。

 

 

一方で、いまのこの感情に流されてもいいものか...

これを乗り越えれば、少しは人として成長するのかも...

という気持ちもある。

ただ単に、悪者になりたくないだけなのかもしれない。。

 

 

お互いにとっていい道を

お互いが幸せになれる道を

模索するのだ。

 

 

↓↓  ランキングに参加しています。

      クリックしていただけると励みになります(^_^)

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村 

あけましておめでとうございます

ごあいさつ 夫婦間のこと

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

見にきて下さりありがとうございます。



年末年始は、迷った挙句実家に帰省してきました。

ひとりです...!!

夫は掻き入れどきで、年末年始もほぼ仕事。

少しだけお手伝いして、

それを盾にひとり逃げるように帰省しちゃいました。ホホホ。


やはり実家はいいです。

兄弟たちも集まり、甥姪も集まり、

祖母宅を訪ねたり

家族の形を考える年末年始でした。


どうやらわたしは彼らのように

うまく家族になりきれていない。

きっとそれぞれいろんなものを乗り越えて来たのだろうし、

現在進行形でかかえている問題もあるのでしょう。


でも、外面さえ取り繕えない状況に陥ったまま、

脱出の術も検討もつかず、

脱出のモチベーションすら湧いてこない。。


2016年、問題に立ち向かうこともできず先送りしまくっていましたが、

2017年、そろそろちゃんと向かい合わなければならない時期かも知れません。

誠実にならないと。



なんだか移住生活ブログじゃ無くなってきた感...!?



とにかく、甥姪はやっぱりかわいくてかわいくて。

思いっきりイチャイチャしてきたつもりだけど

もうすでに恋しいです。


ひさびさにアドラー本を読み直してみたけど、

存在に価値がある、ということを

心の底から理解させてくれる存在です。




ブログの更新も細々と続けていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。



↓↓   ランキングに参加しています。

       クリックしていただけると励みになります。


 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村 

株主優待捨てたっぽい。。涙

お金のこと

こんばんは。


見にきてくださりありがとうございます。



もう半年も前のことですが、

ドトール株主優待を捨てたっぽいです。涙



投資歴3年、

とりあえず経験!

ということで、いくらか株と投資信託を持っています。

まだまだ勉強中です。。


はやりの優待ものは、消費量が多いコーヒー銘柄だけ持っているのですが、

今年からドトールの優待が、

コーヒー現物からバリューカードになったそうです。


100株で2,500円相当のコーヒーだったのが、

1,000円のバリューカード。

減ってるじゃないですかっ


逆に、500株だと4,500円相当のコーヒーだったのが、

5,000円分のバリューカード。

たくさん株を持っている人の方が有利。

これ以上ドトールを増やす予定はないから、

前のままがよかったな〜


株自体が購入時から上がっているから

結果オーライではあるけど...



それより、決算報告書にカードが同封されていたらしく、

いつもは読む報告書を、

なぜか今回バタバタしていて開封すらせずに処分してしまったのです...涙。


あのときの自分に教えてあげたい。。号泣



トランプさんが選挙で勝利してから、

かなりあげてきていますね。

選挙前の落ち込みが嘘のよう。。

いま利益確定時なのか...

これからさらにあがるのか...


1部確定して再投資するか。。

期待感で高騰しているだけで

実際のトランプ政権が始まったら

下げてきそうな気もする。

期待が大きいだけに...

いま利益確定、しばらく様子をみてから再投資かなぁ。



って迷っているうちに

機を逃すパターン...?!




↓↓    ランキングに参加しています。

        クリックしていただけると励みになります。

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村 

移住クライシス。

移住生活 夫婦間のこと

こんばんは。



見にきてくださりありがとうございます。


移住生活についてのブログや記事をネットサーフィンしていたら、

『移住クライシス』という言葉にたどり着きました。


ヒビノケイコさんという、地方移住した方のブログ。

ヒビノさん曰く

『移住クライシス(移住をきっかけに夫婦仲が悪化する現象)』

とのこと。



まさにコレです!!

移住以来、

いや、正確に言うといよいよ移住というころから

私たち夫婦の仲は確実に悪化しました。


わたしがマリッジ&移住ブルーになったのが一番の原因だと思います。

夫には、とても辛い思いをさせていて

本当に申し訳ないです。



夫もとても感受性豊かで繊細な人なので、

結局他人のわたしと一緒に生活すること、

わたしに移住『させる』というプレッシャー、

結婚に対するプレッシャーなど、

いろいろなストレスがあったと思います。


移住はわたし自身が決めた事だし、

『させられる』なんて思ってない(つもり)だけど、

やはり受け入れる側のプレッシャーは大きいのだろうと、

今となっては思います。



当時は、そんな事には思いを馳せることも出来ず、

わたしばかりが色んなものを手放さなければいけない気持ちになっていたような気がします。



わたしの場合、仕事を続けられたこと、

夫の家族をはじめとして周りの皆さんがとても良くしてくれたことなど、

移住環境としてはとても恵まれたものだと思います。



それでも、悪化してしまった関係を修復するのはとても難しいです。


というか、

いまは、修復するモチベーション自体をまずはあげる必要があります。。

(いまは、修復したいという気持ちより、正直逃げたい気持ちが大きいです。)

修復のための努力は、夫しかしていません。

わたしは逃げ続けていると思う。

日々の生活や仕事では、『逃げても逃げた先で困る、問題に立ち向かうべき』と考えていますが、

いまは立ち向かえる気力がありません。



移住クライシスは単なるきっかけでしかなく、

もっと根本的な問題がある気もしている。



とはいえ、ヒビノさんのいうとおり、

『環境の変化を甘くみるな』

というのには激しく同意!!


自分が思っていた以上に、心身にこたえます。。

30歳にもなると、心も体も思ったとおり動きまへん。

自分で思っていた速度で走ったつもりが

足がもつれてコケる感じ。コレです!!



変化に対応できる生物だけが生きのこるんだよね〜、とかいい聞かせながらも心折れそうにもなります。


1年9ヶ月たって、だいぶ慣れてきたかな。

でもまだまだです。


ヒビノさんが2〜3年かかると書いていて、

そうか、まだ半分、と思うと

順応できない自分への焦りや不甲斐なさが

すこし軽くなりました。

ヒビノさんありがとう。


移住を考えている方は、

慣れるのに3年はかかる!という心構えをオススメします。

わたしは1年目から、

早く慣れたいのに慣れない自分に焦りを感じて苦しかったから


これを知っているだけで、

とても楽になると思います。



↓↓   ランキングに参加しています。

       クリックしていただけると励みになります。

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村 

お褒めの言葉とクレーム【クレーム編】

仕事

こんにちは。

 

 

見にきてくださりありがとうございます。

昨日の記事のクレームのお話。

 

クレームは、取引先のある担当者からです。

今回、はっきり言われたわけではないのですが、

そういう態度をとられている。

気がします。

気のせいだといいのだけど...

たぶん気のせいではありません。笑

 

そういう態度とは、

『わたしからの仕事の依頼は受けたくない』

というものです。

最近なかなか電話が通じず、折り返しもしてこない。

社内の人と話をしていると

『あー、わたしの電話にはできるだけ出ないようにしてるな』

というのが分かってしまいます。

(他の人は電話通じてるじゃんっていうのが分かっちゃうんだよ〜、キミ。)

 

仕事をひとつ受託すると、一部の業務を外部へ再委託します。

彼等がいなくては、私たちの仕事は完成しません。

 

 

その担当者とは何度か一緒に仕事をして

確かにわたしの指示や段取りの甘さに対して、

毎回彼のフラストレーションは感じていました。

まだまだこの業務は慣れなくて

他の担当者含めて迷惑をかける部分も

多々あると自覚しています。

 

 

そんな中でも他の担当者とは、彼等の寛容さからか

なんとかうまくやってきたつもりです。

 

クレームさんは、

・彼等の中でも少し特殊な業務を担当している

・わたしからの仕事がなくても、他の部署からの仕事があれば充分食っていける

という背景から、こんな態度なのかな。

 

 

(一応、わたし客なんですけど?とか思いつつ...笑)

わたしもお客様からの指示や段取り不足に振り回される大変さも

よく分かるし、

指示や段取りが素晴らしいお客様からの仕事ってやはりやり易いし、

お互い気持ちよく仕事したい。

 

指示が乱れる時って、

だいたい客先から超急ぎの依頼だったり、必要な情報がもらえないまま先に進めなければいけなかったり...

 

でも優秀な担当者とは、

その状況もしっかりさばいて

委託先への影響を最小限にするのだろう。。

 

 

 

年明けから久々に一緒に仕事をすることになりそうです。

 

それにしても、その態度は大人気なくない?

とも思いつつ、

自分の力不足を反省してスキルアップのバネにしてみせます。

悔しいからっ

 

今回は、2回目に電話かけても案の定留守電になったので

『折りかえし電話ください』とメッセージを残しました。

そしたら一応折りかえしてくれた。

 

こちらは毅然とした態度で冷静に

付き合いたいと思います。

 

 

そのうち、

まだマシな指示してくるようになったなと思わせてやる〜。

その先は、

ユカワの仕事はなかなかオイシイな、

と思わせたらこちらの勝ち...いや、WIN   WINです。

(物事、勝ち負けではないのに、

負けん気が強すぎて、勝負しにいってしまうのはわたしの悪いトコロです。)

 

 

↓↓   ランキングに参加しています。

       クリックしていただけると励みになります。

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村 

お褒めの言葉とクレーム【お褒めの言葉編】

仕事

こんばんは。

 

 

見にきてくださりありがとうございます。

 

全ての人から好かれるのは不可能だけど、

やっぱり好かれたいし、嫌われたくない。

 

 

仕事の人間関係の中で、

お褒めの言葉とクレーム(たぶん)をもらって

なんだか複雑な気持ちです。

というか、クレームでかなり落ち込んでいて、

お褒めの言葉でなんとか精神が持ちこたえているような状態です。

 

 

◆お褒めの言葉

    正確にはこちらもクレームなのですが

1年あまり担当していたお客様を、後輩に一部引き継いで半年。

後輩に対してのクレームが入ってしまいました。

トラブルシュートに奔走。

上司にもお詫びの連絡を入れてもらう。

 

その際に、

ユカワさんはちゃんとやってくれた。

信頼できる。

担当をユカワさんに戻して欲しい。

とのお言葉。

 

職歴からして、技術的には後輩の方が上です。

わたしは高度な質問に即答です

お待たせしてしまうこともしばしば。

それでもなぜかお客様は認めてくれていたようです。

クレームだから喜んでる場合じゃないのだけど。。

 

以前、

ユカワさんは分からないことも

ちゃんと調べて回答をくれるから助かる。

ユカワさんがきてくれて本当に良かった。

と言っていただいたこともありました。

本当に毎回のように無力感を感じていたので救われた一言でした。

心の中で、回答するまで許してくれないじゃん〜...と思いながらも(^_^;

 

わたしとしては、無力ながらも必死にできることをやってきたつもり。

何よりも、わたしの力ではなく、

助けてくれた周りの仲間のおかげであることを

誇りに思います。

 

後輩へのクレームについては

未然に防ぐための情報提供やフォローが

もっとできたのだと思い反省です。

もう少しアンテナを張っておかなくちゃ。

 

 

クレームについては、続きの記事で。。

 

 

↓↓    ランキングに参加しています。

        クリックしていただけると励みになります。

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村 

プロジェクトとタスクの違い。プロジェクトは無数のタスクできている。

仕事

こんばんは。

見にきてくださりありがとうございます。

 

 

プレジデント2016年12/19号に興味深い内容がありました。

 

「トンデモ部下をお仕置き」編

という項目で、

「やりたい仕事しかしない」部下への対応について。

(サラッと読んだ内容であり、私個人の解釈ですので、正確性に欠けることをご承知おきください。。

 

 

・やりたい仕事しかやりたくない部下は、プロジェクトに意識が向いている

・プロジェクトが無数のタスクで構成されていることを理解させる必要あり

・例えば、『旅行に行く』というプロジェクトも

   □ 目的地を決める

   □ 目的地について調べる

   □ 旅行行程を決める

   □ 交通手段を検討する

   □ 宿を探す

   □ 交通手段・宿を予約する

などのタスクをこなして実現する。

 

やりたい仕事しかやらないわけでは全くないですが、プロジェクトに目がいきがちなのは身に覚えがあります。

 

社内で『こんなプロジェクトを進めている』みたいな話が聞こえてくると、なんだか面白そう!と思うこともけっこうあります。

 

ただ、『プロジェクトが無数のタスクで構成されている』というのも、

とても腑に落ちたというか、

とても核心を突いた表現だな、と思いました。

 

これを知っていること、理解していることって

実はかなり大切だと思います。

ひとつのプロジェクトを実現させるために、タスクに誠実に取り組める気がする。

 

ちょっとした資料を作るとか

一本電話を入れるとか

 

一見地味〜な作業も沢山ある。

でも、それらの積み重ねでプロジェクトが完成する。

どんな大きな、立派なプロジェクトもタスク無しには実現しない。

 

 

新人時代、ある部署でのOJT中、ひたすら資料の中の自社製品の数を数えた日のことを思い出しました。

正直、気が遠くなったし退屈でした。

研修終了後に、レポートに

『仕事とは細かい作業の積み重ねなのだな、と思いました』と書きました。

 

われながらよく分かってるじゃん、と若かりし自分を褒めてやりたくなりました。笑

教育担当してくれた先輩が

『本当にその通り、その気持ちをこれからも大切に。』とコメントをくれて、

なんだか大げさだなぁと思ったけれど、

その先輩もとてもよく分かっていたんだな、と

いまになって思います。

 

 

PRESIDENT (プレジデント) 2016年12/19号(怒らない生き方)

 

 

↓↓   ランキングに参加しています。

       クリックしていただけると励みになります(^_^)

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村