読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女。地方移住してみた日記。

地方移住した30代女性営業マンの日記。

地方都市の交通事情。電車と愛車移動の日々。

地方といえば、車社会。

車なしでは生活できないのが一般的ではないでしょうか。

 

移住を機に、初めてのマイカーを購入しました。

車はもともと普通の女性よりは(?)結構好きだったので、

憧れのマイカーをもてたことは私にとって地方移住のメリットです。

東京では、駐車場代が地方の家賃並みですから。

 

移住が決まってから、どの車を購入しようかワクワクしていたころ、

運命的に東京ですれ違ってヒトメボレだったホンダCR-Zには、四駆のラインナップが無く、断念。

移住先は雪が積もる地域なので、四駆が必須条件でした。

 

四駆、スポーティでありつつおしゃれ、というのが条件でした。

ディーラーの営業マンにひかれるぐらい、何度も試乗して、結局2200ccのSUVにしました。

 

 

女ながらCR-Zが欲しかったとか、2200cccSUVを買ったとかいうと、珍しがられます。

かわいい車もいいですが、私は、イケメンでテンションがあがるの同原理で、

どうやらかっちょいい車でテンションがあがるようです。

 

というわけで、車を見るたびに今でも『あー、カッコいい…♡』とイチイチため息をつくという愛車ライフを送っています。

 

 

一方で、通勤は電車を利用しています。

ローカル線に乗ること1時間10分。ドアtoドアで1時間30分。

東京では当たり前の通勤時間も、こちらでは少数派です。

周りからは、『大変だね』と言われますが、所要時間としては大したことないと思っています。

ただし、問題なのは電車の本数と距離。

・距離が遠い

  おなじ1時間30分でも、こちらは距離が100キロ近く。

  終電を逃したから、途中駅までいってタクシーで帰るか、なんていうことはできません。

・本数が少ない

  朝、会社の最寄り駅に到着する電車は、8時に着くか9時に着くか。

  9時が始業なので、8時着の電車に乗るしかありません。

  また、1時間に1本前後で、21時台に終電を迎えます。

  (お金を払えば、22時台に特急があるのですが。)

 

もう少し終わらせたい仕事があるけど、この電車をのがしたらあと1時間半後の終電か。。

と思うと、あきらめて仕事を切り上げることもあります。

切り上げても平気な程度だろうと言われればそれまでですが、翌日以降にしわ寄せがくるのは確かです。

次の電車に乗ることにする場合で、電車の時間までは残業しない場合は、

電車がくるまで本屋さんかカフェで時間をつぶします。

本屋さんやカフェで過ごす時間は好きなので、それはそれで好きな時間なのですが、夕食や家事の事を考えると少し悩ましい所です。

 

結論としては、決して便利ではないですが、どうにかなるという事です。

子供がいたり、介護があったりすると、また事情が違うかもしれません。

 

いまはノートパソコンと携帯があれば、良くも悪くもどこでも仕事ができる時代。

Web会議の環境も整っています。

その都度、柔軟な働き方が出来るといいなと思います。

 

↓ ランキングに参加しています。

  クリックしていただけると励みになります。

移住生活ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村