30代女。地方移住してみた日記。

地方移住した30代女性営業マンの日記。

【悩み】『ありがとう』と『ごめん』で苦しくなる件について。

こんばんは。ハコユカワです。

 

 

世間一般では、『ありがとう』と『ごめん』をちゃんと言えることが良いこととされています。

よく、“いい夫になる男の見極め方”的な記事で、必須要素のひとつとして、家事や子育てに積極的であることと一緒に挙げられたりしていますよね。

 

(子どもは居ないので、子育ては別として)夫は家事力が高のは去ることながら、『ありがとう力』、『ごめんね力』もかなりのものです。

 

わたしが悩んでいるのは、夫の、ありがとうとゴメンの乱用についてです。

とても贅沢な話なのですが、夫に、ありがとうとかゴメンね、とか言われると、とても辛くなることがあります。

 

『ハコ、お風呂の栓抜いてくれてありがとう。』

(注:お風呂を洗おうとして栓を抜いたのみ。まだ洗ってない。)

 

『ハコ、俺のためにこのDVDを借りて来てくれたんだろ?ありがとう。』

(注:わたしが観たかったDVDを借りて来た時のこと。彼の心にヒットしたらしい。)

 

『ハコ、目玉焼きをお皿に盛付けてくれてありがとう。』

(注:わたしが寝坊して、夫が朝ごはんを作り終わってくれていた。せめて少しでもやろうと盛付けて机に運んだ。)

 

『ハコ、洗濯物干す時に、パンパンしてくれてありがとう。』

(注:パンパンとは、洗濯物を干す際にシワを伸ばす行為の擬音語。)

 

『ハコ、俺が先にお風呂に入ってしまったがために...ゴメン...』

(注:わたしがソファで寝落ちした翌朝の第一声。私は、寝落ちした事に対してあなたを責める気持ちはこれっぽちもありまへん!!)

 

『ハコ、こんな飯でゴメン』

(注:ご飯を作ってくれた時はだいたい謝罪。)

 

 

こんなに、人として大切な『ありがとう』と『ごめん』を言ってくれるのに、とても辛くなります。

 

ありがとうと言われるたびに、

ゴメンと言われるたびに、

 

全てのことが自分のために起こってると思うなよ、ボケ。

と思ってしまうのです。

 

ありがとうとゴメンで、自己チューカムフラージュしてるだろ、オマエ。

と思ってしまうのです。

 

いちいち、『そんなこと無いよ』というの、もう疲れたのよ。。

 

 

そして、こんなにも律儀に感謝と謝罪の気持ちを伝えてくる夫に対して、こんな風にしか捉えられない自分が、とても情けなく、小さい人間に思えるのです。

性格悪いな、自分。と思ってしまうのです。

 

特筆すべきことで無いのにゴメンと言われると、

よっぽど小さい人間だと思われているのかと思ってしまうのです。

そんなことで怒らないし、あなたは悪く無いし、そもそも何も悪い出来事は起きてない!!

 

いま、わたしがお風呂に入っている間に、夫がソファで寝落ちしてしまいました。

 

わたしは明日の朝、『わたしが先にお風呂に入ってしまったがために...ゴメンなさい。』

って言わなきゃいけないのだろうか!!

 

 

なかなか理解されないし、贅沢な話と処理されてしまうと思うけど、

そして、本人も気付いていないと思うけど、

強い支配欲の現れなんだと思う。

わたしのたわいもない行動も、夫のために行なわれていると感じ、

夫の行動がわたしに大きな影響を及ぼしていると感じているのだと思う。

 

苦しいです。

一緒に生活して1年間、とても苦しんできました。

 

信頼している友人が、辛くなったら『ありがとう』と『ゴメン』の数をカウントするゲームにするといいよ。

とアドバイスをくれました。

 

あまり気にしないようにしよう。

きっと、とても優しい人なんだ。

 

なんだかグチっぽくなってしまいました?

 

 

明日からまた一週間、がんばります〜。

 


スマホでみたまま編集すると、文字の大きさがマチマチになってしまうな...

解消方法はあるのかな。。


↓ ランキングに参加しています。

  クリックしていただけると励みになります。

 

移住生活ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村