30代女。地方移住してみた日記。

地方移住した30代女性営業マンの日記。

自分を知っているということ。

こんばんは。



先日、大学の友人の家に遊びにいってきました。

心から信頼する友達とで、何があっても味方だし味方でいてくれると思う、そんな大切な友です。


彼女は今年念願の母になり、

そして最近、彼女の大好きな街に引っ越しました。

それまでは、旦那さんとの協議の上

彼女にとってはあまり好きではない街に住んでいました。


着々と念願の暮らしを整える彼女を前にして、

正直わたしは嫉妬してしまった。


大好きで大切な友達なはずなのに、

その幸せを素直に喜べない自分が小さすぎて、心が貧しすぎて残念でした。


でも、そのあと数日体調を崩すぐらい切なくなってしまったことは事実。


自分が望む生活がなんなのが、

何が好きで何が好きではないのか、

やりたくないこと、

彼女はそれをしっかり知っています。


彼女が輝いているのは、

関東に住んでいるからでもなく、

子供を産んだからという事でもなく、

自分基準の幸せを持っていて、

それを知っていて、

そしてそれを手に入れるために動いているから。



わたしが彼女を尊敬する部分のひとつです。


自分をしっかり持ち、しっかり知ることの大切さをいつも感じさせてくれています。



いわゆる自分探しとはまた違うきがします。




自分のことが分からないことって、

実はすごく多いのではないかな。