読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女。地方移住してみた日記。

地方移住した30代女性営業マンの日記。

わたしが移住した経緯③

移住生活

こんばんは。


移住した経緯  その③です。



いつ別れようか、という日々が続いた時、実家の両親から呼び出しがかかりました。


結婚相談所に登録するから、身上書を書きなさいと。



両親はわたしの結婚についてとても心配していました。

親といものは、皆そういものなのかも知れない。


でも、実家にいくたびに、おもむろにカメラを向けられてお見合い写真だ、と写真を撮られたり

20歳ほど歳の離れた人(失礼だと思いますが、見た目は30歳ほど上の50代後半にみえました)を紹介されたりするのは、わたしにとってはとても辛いことでした。


自分がいかにダメな人間なのかを思い知らされるような気持ちでした。

何よりも、自分が『結婚できない』自分自身を認めてあげられなかったのだと思います。


もし、それが出来ていたら、親の行動についてもそんなに辛い気持ちにならずに済んだのだと思います。

わたしの弱さです。




両親からの身上書話があったとき、

お付き合いしている人がいることを両親に伝えました。

その状況から逃げ出したかった。


別れを考えつつも、彼の誠実性やマメさを尊敬していたのは確かでした。

彼のことは学生時代の交流から両親もよく知っていたし、好意を示していたので、安心してくれると思いました。



このことをきっかけに、結婚話が急速に進みはじめます。


わたし自身、別れを考えていたところから、彼の誠実さ、優しさに目を向け、彼となら穏やかな家庭を気づけるのかな、という気持ちに変化していきました。




続きます。

なんだか長くなってきちゃった。



↓↓ ランキングに参加しています。

  クリックしていただけると励みになります。

 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村