読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代女。地方移住してみた日記。

地方移住した30代女性営業マンの日記。

60歳までの資産簿から理想のライフプランを考えた。

こんばんは。

見に来てくださりありがとうございます。



ズボラ過ぎて家計簿が続いたことがありまへん。。

代わりに、資産簿をつけています。



きっかけは会社の財形貯蓄制度を利用し始めてから。

毎月給料天引きで積み立てる仕組みです。

天引きなので、積み立て忘れもなく

更に62万円を上限に、年2%の奨励金がつくのがかなり魅力的。



毎月一定額貯めていくので、

いつまでにいくら貯まる〜♫

という皮算用をエクセルでつくり始めました。



加えて

・定期預金(ネット銀行)

・ 自社株(こちらも10%の奨励金がつく)

・純金積み立て

投資信託

・株式


といった資産もどんどん加えていき

資産簿が出来上がりました。



ズボラ仲間の皆さま、

この方法、本当にオススメです。

このおかげで、社会人4年目にして貯金ほぼゼロだったわたしが

社会人十何年目として恥ずかしくない

資産形成に成功しました。



最近は株の売買はしていないので

金、投資信託、自社株、財形貯蓄のそれぞれを

コツコツ積み立てる日々です。



今年分、来年分...とエクセルで行を追加していき...

60歳まで作っちゃいました。



家計簿は、データが細かすぎるし、月々や日々の変動も激しいし、つけ忘れる。

わたしにはほんとにムリ。笑



一方で資産簿は、

・積み立てのため月々の変動なし

・今から30年後までとりあえずつくれる

    (つけ忘れどころか、先につくれる!)

・先を見通せる

・何より、これだけ資産が増えた!いつまでにこれだけ増える予定...

    という達成感とやる気をうみます。

    (こんなに使っちゃった...とか、不明金がいくら...とかいうストレスはありません。)



変動要素は株価なので、

月一度程度、その時の価格に書き換えて実績記録とします。


それ以外のお金は全部使いきります...!

(もちろん、家計にいくら入れるとかは決まってる)



60歳までの資産簿を作ってみると

いつごろまでに子どもを産まないと年齢的に厳しいな、とか

この歳ぐらいにはある程度の頭金で家買えそうかな、とか

今後のライフプランが見えてきます。



そこで見えてきた、自分の理想とは...



長くなったので、続きは次のブログにて。




↓↓   ランキングに参加しています。

       クリックしていただけると励みになります(^_^)


 移住生活ブログランキング参加用リンク一覧